尊厳死宣言書とは?5

延命措置は途中で止められない

 

 先ほど人の死にまつわる定義をご紹介しましたが、「尊厳死」や「平穏死」とは、一般には延命措置などを「拒否する」ことをいいます。しかし、自力呼吸できないことがわかっていながら、いま着けられている人工呼吸器を「取り外す」ことは、「安楽死」に該当すると思われます。「安楽死」は日本では認められていません。極めて限定的に認めた判例もありますが、その判例で認めた要件に該当するかどうかは、裁判まで経なければわかりません。

 したがって、たとえ家族に懇願されても、死ぬことがわかっている中で人工呼吸器を取り外せば、担当した医師は少なくとも刑事事件に発展する覚悟は背負わなければなりません。

 

 つまり、一度延命措置を開始してしまうと、誰も止められなくなるのです。開始するときは、焦っていたし、考える時間もなかった・・でも、今となってみれば、延命措置を始めたのは間違いだったのか・・と家族や医師が考えても戻ることができなくなります。

 

 尊厳死宣言書は、遺言などと比べると認知度が低いと思います。しかし、生命の根源に関わる問題よりも、遺産の分け方のほうが大事なはずはないのです。

 極端な言い方ですが、家族の仲がよければ遺言などはいりません。しかし、尊厳死宣言書は、あなたを含めた家族が普通に仲良くしているか、それ以上の絆があるなら必ず書いておくべきなのです。自分の終末期には、家族に負担をかけたくないという気持ちは多くの人がお持ちなのですが、そのためのちょっとした準備をした人が少ないために、多くの人が家族に様々な負担をかけてしまっているのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.machida-yuigon.jp/cmt/mt-tb.cgi/307

コメント投稿